工芸館便り【令和元年9月号】

0

    JUGEMテーマ:ガラス工芸・ガラス作品など

     

    受講生各位

    日頃より工芸館のご利用誠にありがとうございます。
    梅雨明けと同時に猛暑が続いておりますが、県の防災速報の中で連 日のように外での運動禁止の発表が出されております。 みなさなにおきましても熱中症等、体調に充分お気をつけてお過ご しください。

    ◆9月の休講・開講情報

    • 元廣講座:28(土)、29(日)休講。
    • 久本講座:16(月)休講。
    • 塩谷講座:9(月)、26(木)、30(月)休講。
    • 水谷講座:16(月)、23(月)休講。
    • 太田講座:18(水)、25(水)休講。
    • リチャードソン講座:休講無し。
    • 奈良講座:19(木)休講。
    • 井上講座開講日:5(木)、8(日)、19(木)、26(木)
    • 舘川講座開講日:11(水)。


    ◆9月より新たに「万華鏡講座」開講!

    • 毎月1回 第2水曜(基本)の午後開講(初回9/11(水)13:00〜1 6:00)
    • 講 師:舘川瑞江
    • 受講料:ステンドグラスと同額。
    • 定 員:先着10名
    • 受講資格:どなたでも可能です。
    • 詳細は こちら またはチラシをご覧ください。​


    ◆夏の恒例行事となりました工芸館流しそうめんを今年も開催しております(要予約)。

    • 開催日は8月10(土)、11(日)、12(月祝)、17(土) 、18(日)です。
    • 現在各日若干の空きがありますので、ご家族とご一緒にぜひご参加ください。
    今年のそうめん流しはパワーアップ。小豆島そうめん島の光、美智子上皇后ゆかりの群馬正田醤油のつゆを使用しております


    ◆徳島ガラススタジオ特別講習ツアー(8/27開催)は定員に達しましたので、応募は締め切りさせて頂きました。ご了承ください
     


    9月も工芸館を

    よろしくお願いいたします


    【万華鏡講座が始まります】

    0

      JUGEMテーマ:ガラス工芸・ガラス作品など

       

      万華鏡講座

       

      9月より毎月1回 第2水曜(基本)の午後開講 

      初回9/11、2回目10/30、3回目11/13、4回目12/11

      5回目1/8、6回目2/19、7回目3/11 (以降は未定)

       

       

       

      講師:舘川瑞江

       

      現代のアート万華鏡を初めてのぞいた時の感動は今も忘れません。

      『自分で作ってみたい!』から、いつしか

      『周りの人ともこの幸せを分かち合いたい!』に変化してきました。

      万華鏡作りはとても緻密な作業ですが、世界で一つだけの万華鏡を自身で作り上げた時の喜びはひとしおです。美しい万華鏡作りを一緒に楽しみましょう。

       

       

       


      目標 カリキュラムの万華鏡をいくつか制作したのち、受講者が自分でデザインし、イメージ通りの万華鏡を作ることを目指します。

       

      • 受講料:ステンドグラス講座チケットで受講できます。
        また、他の講座生や外部の方には万華鏡講座専用チケット(4回分、有効期間6か月)を用意しています(価格はステンド講座と同じ。有効期間に余裕があります)。
         ➡ステンドグラス講座受講料はこちら
      • 定 員:先着10
      • 受講資格:どなたでも可能ですが、ガラスカット及び半田付けの経験者を優先させていただきます。

       

       


      初回オリエンテーション(9/11)の講座内容

      • 万華鏡講座の進み方
      • ミラーの製図方法の説明
      • ミラーカットの練習
      • ボディの型紙の配布や型枠作り

      < 初回は講座の基礎となる内容となりますので、必ず受講してください。受講が難しい方はご相談ください。>

       


      オリエンテーションに必要なもの 

      工芸館貸し出し、:工芸館販売、:各自用意)

       製図の為の用紙(A4程度)、分度器(あればコンパスも)、シャーペン、極細ペンまたはケガキ

       目盛り付き金属定規、カッティングマット、カッターナイフ、ミラー用カッター(事前予約必要)、マスキングテープ

       バックボード、スパッタリングミラー、ガラスカット用定規、カッティングオイル。

       


      カリキュラム1(10/30)で制作する作品見本はステンド工房にありますのでご覧ください。実際にお作りいただくものの全長は23cmほどになります。小型化したい場合は全カリキュラム終了後とさせて下さい。
       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      お申込み・お問合せ

      三田市ガラス工芸館

      TEL: 079-564-5111

      E-Mail:otayori@glass-sanda.jp

       


      工芸館便り【令和元年8月号】

      0

         

        受講生各位

        日頃より工芸館のご利用誠にありがとうございます。
        毎年工芸館の8月は夏休み体験の体制となり、皆様にはご不便をおかけいたしますが、どうぞご了承ください。
        7/27(土)〜8/31(土)までの期間の講座、レンタルにつきましては日程にご注意ください。

         



        ◆8月の休講・開講情報

        • ステンド講座は、毎週月(水谷講座)、水(元廣講座)のみ開講致します。定員4人、また作業台は窓際の2台限定。
        • 各コースのレンタル使用(指導、材料販売は出来ません)
          ステンド:土日祝日及び14,15,16以外の日は4人まで。(月、水は講座生優先)
          吹き:土日祝日及び14日以外は1ベンチのみ可能。
          キルン・サンド:各講座日以外は可能。
        • 29(木)は、終日スタッフ研修の為、全ての施設がご利用いただけません。
        • 久本・塩谷講座:全休。
        • 水谷講座:12(月)休講。
        • 奈良講座:8(木)、22(木)、24(土)休講。
        • 太田講座:休講無し。
        • 井上講座(開講日): 1(木)、11(日)、22(木)。

         



        ◆8月は夏の特別体験と流しそうめんを行います!
        8月限定の特別体験6種類、また毎年大人気の流しそうめんを今年も開催しますので、ぜひご利用ください。
        事務所にチラシをご用意しておりますので、お申し付けください。

         

         

        事務局のTさん、何か準備している……。 鳥人間コンテストに出るつもりでしょうか。

         

         

        チラシの内容はこちら



        ◆受講生募集中
        リチャードソン講師による酸素バーナー講座の受講生を随時募集しております。
        モレッティを使ったアクセサリー講座で、バーナー初心者の方でもOKです。

        詳しくはこちらをご覧になってください。

         



        ◆夏のバスツアー
        徳島ガラススタジオ キルン特別講座 参加者募集!
        『キャスティング用型の作り方〜建材用シリコンを使って〜』
        徳島ガラススタジオにてキルン一日講座が行われます。皆さんで参加しませんか?

        • 日時:8/27(火)8:30工芸館発(帰りは18:30頃予定)
        • 会場:徳島ガラススタジオ 徳島市勝占町中須78番地の4
        • 講師:戸田 智先生
        • 定員:先着15名
        • 参加資格:どなたでも参加できます。(キルン未経験者OK)
        • 受講料:1,650円+材料代(現地払い)
        • 交通費:レンタカー代、高速代等を人数割りし、後日実費徴収。
        • 締め切り:7月31日までに事務所まで。

        鳴門讃岐屋で海鮮料理の昼食、丸福梨園で梨の買い物、淡路島でお土産店立ち寄りなど、楽しい一日となりそうです。

         



        ◆救命講習会(AED講習会)
        三田消防本部より隊員の方に来館いただき、救命講習会を開催いたします。
        日常生活の中でのもしもに備え、ご一緒に訓練に参加しませんか?

        • 日時:8/29/(木)10:00〜約1時間
        • 会場:工芸館本館1F
        • 参加資格:どなたでも
        • 参加費:無 料
        • 参加お申し込みは、8月22日までに事務所まで。

         



        ◆秋のバスツアー
        「’19日本のガラス展」の見学に参ります。

        • 開催日:11/19(火) 
        • 場所:姫路 書写の里 美術工芸館
        • 定員:先着25人

        また、紅葉で有名な書写山をロープウェイで登ります。詳細決定次第またお知らせいたしますので、しばらくお待ちくださ い。

        • すでに参加ご希望の方は受け付けますので事務所までご連絡ください。

         


         

        再度のお知ら

         

        • 7月号でお伝えいたしました西宮神社風鈴祭りは、都合により不参加となりましたのでお知らせいたします。
        • 秋のアートフェスタ及び受講生作品展の開催日程の変更のお知らせ
          都合により、日程を下記のように変更させていただきますので、ご 了承ください。(お配りしております2019年度カレンダーの日程表示とは異なってしまいます)
           アートフェスタ 16(土)・17(日)

           受講生作品展    16(土)〜24(日)   会場準備日 15(金)・撤去日 24(日)
        • ボランティアパートナー募集中!

          ガラス工芸館では、団体体験の指導員や業務上の軽作業等をお手伝いいただける方(工芸館サポーター)を随時募集しております。 ご一緒に工芸館で活動してみませんか?(交通費程度の補助を支給 させていただきます)
          詳しくはこちらをご覧になってください。

         


        8月も工芸館を

        よろしくお願いいたします


        パラオレポート】水谷浩司先生奮戦記7(最終回)

        0

          初めて読まれる方は、まずこちらからお進みください。

          【パラオレポート】水谷浩司先生奮戦記,➡

           

          7/3(WED) JB Katoさん、Tebyさん、水谷先生で、ひたすらステンドパネルを作ります。

           

           

           

           


           

          7/4(THU) くどいようですが、ひたすらひたすら作ります。

           

           

           

          3つのパートがそれぞれ完成してきました。

           

           

           

           

           


           

          7/5(FRI)  ついに完成しました!

           

           

           

          みんながそれぞれの役割で頑張ってくれました。

           

           

           

           

           

           

          最終日です。藤さんご夫婦にPPR(パラオパシフィックリゾート)で夕食ご馳走に なりました。

           

           

           

           


           

          7/6(SAT)  3週間ほど暮らした宿泊先からは、ベランダ越しにロックアイランドが見えます。最高でした。

           

           

          パラオ国際空港です。今日の飛行機で帰ります。日本につくのはあした。

           

           

          ついに旅立ちます。奮戦記終了です。

           

           

          さよならパラオ。

          ステンドパネルが設置されるまでは滞在できませんでした。その時は写真を送ってもらって報告しますね。

           

          おわり。。。最後までお付き合いくださりありがとうございました。

           


          【パラオレポート】水谷浩司先生奮戦記6

          0

            初めて読まれる方は、まずこちらからお進みください。

            【パラオレポート】水谷浩司先生奮戦記,➡

             

            6/29(SAT)・30(SAN)はオフ。

            7/1(MON)  もう7月に入りましたね。作業は遅れています。今日はアメリカ・ニュージャージー州から環境局長他5人の方々が視察にこられました。

             

             

            Tebyさんのステンド作業を熱心に見学されています。

             

             

            今日からオフィスの引っ越し作業が始まってしまいました。

             

             

            ベラウ・エコ・グラスは、スタジオを増設します(なんと工芸館の吹き工房の2倍ほどの大きさとのこと!)。そのための工事が始まってしまったのです。Wifiも使えず、水谷先生はとなりの建物からしかレポートが送れないようです。

             

             

             

            7/2(TUE)・3(WED) それでも3人で頑張ります。

             

             

             

            水谷先生は、6/29帰国のチケットをとっていましたが、急遽7/7帰国に切り替えていました。まるで彦星のようです。

             

             

            いこいのひとときも必要です。それぞれに個性的ないい顔してますねw 

             

             

             

            【パラオレポート】水谷浩司先生奮戦記Г悗弔鼎➡

             


            【パラオレポート】水谷浩司先生奮戦記5

            0

               

              初めて読まれる方は、まずこちらからお進みください。

              【パラオレポート】水谷浩司先生奮戦記,➡

               

              6/26(WED) ガラスパーツをケイム(鉛腺)で組んでいきます。絵付けしたガラスも組み込まれます。

               

               

               

               

              夕方、思いがけない問題が見つかりました!

              Waylonさんが吹きで作ってくれたロンデルガラスのパーツの一部が分厚すぎて、ケイムに入りません。

               

               

               

               

              6/27(THU) 早速もう一度作ってもらうことにしました。何事も経験!失敗は成功のもと! 

               

               

               

               

              その間にもケイム作業は進みます。

               

               

               

               

               

              6/28(FRI) 国体出場のために休んでいたTebyさんが、今日から出勤しました。左がTebyさんです。

               

               

               

              バスケット、硬式野球、バレーボールと何でもこなすスポーツ万能です。

               

               

               

              Tebyさんは、プロッターを使って、サンドブラストシートを作成しています。

               

               

               

              制作スタッフの名前も入れて。

               

               

               

              こうなります。

               

               

               

              【パラオレポート】水谷浩司先生奮戦記Δ悗弔鼎➡


              【パラオレポート】水谷浩司先生奮戦記4

              0

                JUGEMテーマ:ガラス工芸・ガラス作品など

                 

                初めて読まれる方は、まずこちらからお進みください。

                【パラオレポート】水谷浩司先生奮戦記,➡

                 

                6/22(SAT)・23(SUN)はオフ。

                この建物は、パラオの国会議事堂。パラオ最大の島バベルダオブ島の東岸に位置するマルキョクにあります。マルキョクはパラオの首都。

                 

                 

                 

                土曜日は、在パラオ日本国大使館、JICAパラオ支所(独立行政法人国際協力機構)の方々との食事会でした。

                 

                 

                 

                6/24(MON) JB Katoさんが地元の陪審員審理のため、作業はストップ。既にガラスパーツは出来上がっています。

                 

                 

                 

                6/25(TUE)  朝、コロール州政府職員も来られ、最終ミーティング。美しいと喜んでいただきました。今日からステンドグラスの組み立て作業に進みます。

                 

                 

                 

                JB Katoさんが絵付けの作業を始めました。グリザイユという顔料(成分はガラスと金属の粉です)で、線を描いていきます。グリザイユは電気炉で焼成することでガラスの表面に焼き付き、定着します。

                 

                 

                 

                 

                奮戦記,亮命燭鮑瞳如これは イリデッセントガラスという玉虫色に光るガラスです。  

                 

                 

                 

                これをサンドブラスティング。黄色のマスキングテープを貼り、貼っていない部分を細かい砂で削ります。

                 

                 

                 

                こうなりました。

                 

                 

                 

                【パラオレポート】水谷浩司先生奮戦記イ悗弔鼎➡


                【パラオレポート】水谷浩司先生奮戦記3

                0

                   

                  初めて読まれる方は、まずこちらからお進みください。

                  【パラオレポート】水谷浩司先生奮戦記,➡

                   

                   

                   

                  6/20(THU) ロンデルガラスの制作が続きます。

                  リサイクルセンターのスタッフが、廃ビンを洗ってくれます。

                   

                   

                   

                   

                  ボトルを洗って、乾いたら溶解炉(坩堝)に 入れて 1300°c〜で溶かす… いつもの作業です。

                   

                   

                   

                  白崎先生は、溶解炉のメンテナンスにも余念がありません。

                   

                   

                   

                  ふき場で加工して、ガラスパーツの完成です。

                   

                   

                   

                  緑のロンデルには、このハイネケンのビール瓶が使われます。

                   

                   

                   

                  この色は、ステンドグラスパネルの、アイランドを表現したい部分に敷き詰められるようですね。

                   

                   

                   

                  6/21(FRI)  今日はイエロー、オレンジ色のロンデルを吹いてもらってます。

                  月曜日には ステンドグラスパネルに入れて、完成を目指します。

                   

                   

                  【パラオレポート】水谷浩司先生奮戦記い悗弔鼎➡


                  【パラオレポート】水谷浩司先生奮戦記2

                  0

                     

                    初めて読まれる方は、まずこちらからお進みください。

                    【パラオレポート】水谷浩司先生奮戦記,➡

                     

                     

                     

                    現在の「べラウ・エコ・グラス」。コロール州リサイクルセンターの一角にあるガラス制作スタジオです。

                     

                     

                     

                    パラオの小学生たちも見学に来ます。

                     

                     

                     

                    スタジオの裏は海です。

                     

                     

                     


                    話を戻して…サインボード全体のデザイン。SUREORは、パラオ語でパラオコロール州のことですって。

                     

                     

                     

                    6/19(WED) 今日も朝からガラスパーツづくり。

                    丸いガラスは、廃ビンを使い、吹きで作ったロンデルガラス。これをパーツとしてステンドグラスに組み込みます。

                     

                     

                     

                    吹き場では、ロンデルガラスのパーツを作っています。左がWaylonさん。右はJICAボランティアとして工芸館から派遣され、現地で指導している白崎園己先生。

                     

                     

                     

                    活用する廃ビンは主にビール瓶です。

                     

                     

                     

                     

                     

                    【パラオレポート】水谷浩司先生奮戦記へつづく➡


                    【パラオレポート】水谷浩司先生奮戦記1

                    0

                      JUGEMテーマ:ガラス工芸・ガラス作品など

                       

                      工芸館が海外技術協力を行っているパラオ、コロール州のグラス制作スタジオ「ベラウ・エコ・グラス」。先日、突然現地スタッフに、コロール州政府からステンドグラスの制作要請がありました。

                       

                      日本・パラオ友好の橋(パラオの旧首都コロール島とバベルダオブ島を結ぶ全長413メートルのコンクリート製の橋)の道沿いにサインボードを設置、その一部にステンドグラスで「勇者の像」を作って欲しいというものです。

                       

                      それを受け、工芸館講師の水谷浩司先生が現地での制作協力を決断! 最低限の旅行準備を行い、6/15(SAT)単身パラオに飛び立ちました。工期は29日まで…限られた日程です。

                      これからサインボード作品の制作を、レポートします。さて、作品は上手く完成できるか?

                       

                       


                      6/16(SUN) 明日からのハードな制作に備え、美しい海を眺め体を休めます。

                       

                       

                       

                      水谷先生(バベルダオブ島ガラスマオの滝)

                       


                      6/17(MON)朝、制作会議。

                      右に座られている3人がコロール州政府の工事担当者です。

                      左に立っているSWIM15Tシャツの男性が、コロール州リサイクルセンターの生みの親、藤勝男さんです。

                       

                       

                       

                      早速制作にかかる現地スタッフのJB Katoさん。後に貼ってあるのが、勇者の像の下絵。まずは作品のデザインに沿って、色々なガラスを切りパーツを作っていきます。

                       

                       

                       

                      同じくIto godwinさん。

                      よく見ると後のホワイトボードにおもちゃのチャチャチャの歌詞が書かれています♪

                       

                       

                       

                      作られたガラスのパーツを、原寸大の下絵に置いていきます。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      6/18(TUE) 製作は進みます。水谷先生が日本から持ってきたガラスも組み込まれていきます。

                       

                       

                       

                       

                       

                      【パラオレポート】水谷浩司先生奮戦記△悗弔鼎➡

                       


                      | 1/2PAGES | >>